スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅日記:ピシッとした世界遺産ブラジリア


Distrito Federal(ヂストリート・フェデラウ=連邦直轄地)にあるブラジルの首都
Brasília(ブラズィーリア)


人工湖であるパラノア湖にかかる Ponte JK(ポンチ=橋、ジョッタ・カー)の名にもなっている、
1956年にブラジル大統領に就任した JK(ジョッタ・カー)ことジュセリーノ・クビシェッキは、
荒涼とした cerrado(セハード=ブラジル高原サバンナ)に計画都市ブラジリア建設を進め、
わずか4年後の1960年に Rio de Janeiro からの遷都を果たした。

Go to 旅日記:Ponte JK !!!

1987年に世界遺産に登録されたブラジルの首都ブラジリアは、
建築家であり都市計画家である Lúcio Costa(ルスィオ・コスタ)により設計された計画都市で、
飛行機の形をしている。
世界でも稀に見るユニークな首都。



Wikipédia より
ルスィオ・コスタによる Plano Piloto de Brasília(ブラジリアのパイロットプラン)
2014.11.05 ピシッとした世界遺産ブラジリア 01



Wikipédia より
航空写真
2014.11.05 ピシッとした世界遺産ブラジリア 02



公共建造物は、
2012年12月に105歳を目前にして現役建築家のまま亡くなられた、
Oscar Niemeyer(オスカー・ニエマイヤー、日本語表記は “ニーマイヤー” になっている)
によって設計された。

Go to 哀悼 奇才建築家 Oscar Niemeyer "自由な曲線"

Go to 旅日記:オスカー・ニエマイヤーの巨大青空美術館

計画都市・首都ブラジリアは、
政治、金融街、商業区、居住区、病院・学校などの区が、ピシッと区画分けされている。



2014.11.05 ピシッとした世界遺産ブラジリア 03



富裕層と貧困層もきっちり別れている。
整然としている反面、人間味がない都市として、
人間中心に設計された計画都市・Curitiba(クリチーバ、パラナ州都)としばしば比較される。

“合理的で整然としていて好き” という賛成派と、
“交通の便が悪いし冷たい感じがして好きじゃない” という反対派に、
好き嫌いもハッキリ別れているようだ。



2014.11.05 ピシッとした世界遺産ブラジリア 04



ブラジルの金融中枢。

なにかとピシッとしていないブラジルの中で、
やたらとピシッとしているブラジリア。
金融・官庁ビル郡もピシッと整列している。



2014.11.05 ピシッとした世界遺産ブラジリア 05




整列ビル群極め付け、”気をつけ~っ!前へぇぇならえっ!ピシッと大賞" は、
整然と並んでいる各省。
2014.11.05 ピシッとした世界遺産ブラジリア 06



こういった ministério(省)の建物の列が、2列ある。



ホテルなど宿泊施設の区画。
2014.11.05 ピシッとした世界遺産ブラジリア 07



ブラジリアでは、超高給取りの政治家たちは、だいたい月~木しか働かないらしい。
週末はご自分の州のご自宅に帰って過ごすため、
木曜の空港は混雑し、週末のブラジリア中心部は閑散としている。
ホテルも週末料金の方が断然おトク。



2014.11.05 ピシッとした世界遺産ブラジリア 08



居住区。
写真右のほうに見えているのは、バス停。
この日は日曜だったので、道路はスイスイ。
2014.11.05 ピシッとした世界遺産ブラジリア 09



居住ブロックと商業ブロックがほぼ交互にあって、商業区画はどのブロックも同じ造り。
道の両側に細長い建物が並んでおり、テナントが入るようになっている。



夜の商業ブロック。
高級なレストランやバーがどこも混雑し、賑わっていた。
2014.11.05 ピシッとした世界遺産ブラジリア 10



各国料理店があり、総じてお高い。
2014.11.05 ピシッとした世界遺産ブラジリア 11



2014年ブラジルワールドカップの後、9月前半に訪れたときは、
その名残が、市内の至るところで見られた。



2014.11.05 ピシッとした世界遺産ブラジリア 12



ブラジリアのW杯試合開催スタジアム、
Estádio Mané Garrincha(エスタージオ・マネー・ガヒンシャ)
スタジアムの愛称になっているマネー・ガヒンシャは、かつてのスーパーサッカープレイヤー。
ブラジル国内ではペレと並ぶ存在で、亡くなって久しい今日でも愛され続けている。



2014年W杯終了から2ヶ月ほど経ったこの日は、堂々とひっそりしていた。
2014.11.05 ピシッとした世界遺産ブラジリア 14



2012年にここを訪れたときは、W杯のための改装工事中だった。
2014.11.05 ピシッとした世界遺産ブラジリア 13



cerrado(セハード=ブラジル高原サバンナ)にで~んと建設された、
飛行機型のユニークな計画都市・首都ブラジリア。
確かに、ミドルクラス以下の方々にとっては冷たい街かもしれぬ。
が、
観光で訪れる分にはなにもかもが広々、整然として、
ほかにはない強烈な個性がおもしろい。






Brasília - DF
旅日記:ピシッとした世界遺産ブラジリア
viagem・passeio 旅・散歩

>>> principal ホーム >>> introdução はじめに >>> categoria カテゴリー >>> viagem・passeio 旅・散歩 >>> cerrado ブラジル高原サバンナ >>> 旅日記:ピシッとした世界遺産ブラジリア

>>> novidades 更新情報

>>> artigos 記事一覧

Utility

perfil プロフィール

TAMAGO

Author:TAMAGO
1999年より
ブラジルで暮らしている
日本人でございます。

Olá !

Sou japonesa,
moro aquí no Brasil
desde 1999.
Tem artigos que escrevi em português.
Ir para a página "artigos"

atenção ご注意

© 2009-2017 TAMAGO
All rights reserved.
Todos os direitos reservados.

日本ブログ村 海外生活 ブラジル情報

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

ランキング参加中につき
クリックしていただければ有り難き幸せにござりまする

follow me on twitter

Twitter にて
当ブログの更新情報を配信しております

link

こちらをクリック

o número de visitantes ご来客数




administração 管理人室

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。