FC2ブログ
          

中南米最大のグァルーリョス国際空港


ブラジルの首都は Brasília(ブラジリア)だが、

Go to 旅日記:ピシッとした世界遺産ブラジリア

文化や経済の中心となっている都市は、なんと言っても São Paulo(サンパウロ)市だ。
サンパウロ州の州都・サンパウロ市は、人口約1200万人 (2015年) を抱える南半球最大のメガシティー。

海外からブラジル入りするときの主な空港も、ブラジリアではなくサンパウロである。

移民国家であることや世界的観光名所もあることから、海外から訪れる人が多いにもかかわらず、
大型ジェット機の離発着ができないコンゴーニャス国際空港しかなかったサンパウロ市。

Go to 空からでも陸からでも恐いコンゴーニャス空港

本格的な国際空港の必要性が ’60年代から叫ばれており、
’70年代に、隣接するグァルーリョス市のブラジル空軍基地を拡張して国際空港を建設することが決定、
ようやく、1985年1月に開港したのが、現在のブラジルの空の玄関となっている、

Aeroporto Internacional de São Paulo / Guarulhos
(グァルーリョス国際空港)

ブラジル最大の空港で、その利用者数は中南米で最も多い。
24時間営業。

Guarulhos(グァルーリョス)市の Cumbica(クンビッカ)地区にあることから、
この空港を “Cumbica”(クンビッカ)と呼ぶ人も多い。

Guarulhos(グァルーリョス)
Cumbica(クンビッカ)
Congonhas(コンゴーニャス)

“アイウエオ” だとすべて “カ行” で始まるこれら3つの空港名(そのうちの2つは同一空港)が、
まぎらわしくて憶えにくくて、
ブラジル上陸当時 (1999年) は、いっつも混同していたことを思い出す。



グァルーリョス国際空港・ターミナル1
2015.11.10_01 中南米最大のグァルーリョス国際空港



第1と第2、2つのターミナルに加え、
現在は第3ターミナルも稼働しており、合計3つのターミナルがある。

1998年に着工する予定だったターミナル3は、政治的なすったもんだで延びに延び、
2014年5月、ブラジルワールドカップ開幕1ヶ月前というギリッギリのタイミングで、
ルフトハンザなど3航空会社だけ、お試し的に使用開始。
2015年現在は、多くの航空会社がターミナル3を使用している。



グァルーリョス国際空港・ターミナル3
2015.11.10_02 中南米最大のグァルーリョス国際空港



2015.11.10_03 中南米最大のグァルーリョス国際空港



撮影したのは、フライト時間の関係で午前3時〜4時頃。
さすがに人はまばらだった。



2015.11.10_04 中南米最大のグァルーリョス国際空港



椅子が少なく、お店もショボく、乗り継ぎの時間つぶしが快適とは言えないターミナル1、2と違って、
ブラジルとは思えぬモダンなターミナル3。



スタバもあれば、



2015.11.10_05 中南米最大のグァルーリョス国際空港



強盗が多いためブラジルでは見かけない自販機まであり、うっひょ〜!
しかも、
日常の細々した買い物や飲食も Débito(デビット)等のカード払いが当たり前のブラジルらしく、
カードも使えるハイテク自販機だ。
海外から着いたばかりでブラジルの通貨を持っていない方々にとって、これはうれしいかも。



2015.11.10_06 中南米最大のグァルーリョス国際空港



ゲート内も、ターミナル3はカッコいい。



2015.11.10_07 中南米最大のグァルーリョス国際空港



2015.11.10_08 中南米最大のグァルーリョス国際空港



これまではあんまり使えなかった Duty Free Shop も、ターミナル3のはきれいで大きい。
メインのお店は24時間営業とみえて、午前3時〜4時ぐらいでも開いていた。



2015.11.10_09 中南米最大のグァルーリョス国際空港



おトイレも清潔で整然としている。



2015.11.10_10 中南米最大のグァルーリョス国際空港



ターミナル3ができてからの日本への一時帰国では、

行きは、国内線がターミナル1着、経由地までの国際線がターミナル3発。
帰りは、経由地からの国際線がターミナル3着、国内線がターミナル1発。

というパターンになった。
各ターミナル間は通路でつながっているが、ターミナル1〜3間の距離はけっこうある。
32kgのスーツケース2つをカートに乗せて移動すると、
ちょっとしたエクササイズとなり、汗をかくなり法隆寺。



2015.11.10_11 中南米最大のグァルーリョス国際空港



が、、、
ターミナル2と3をつなぐ新しい通路には “動く歩道” までできていた。
写真は撮り忘れました。



2015.11.10_12 中南米最大のグァルーリョス国際空港
ターミナル3に到着



ターミナル3の登場で、ちょっとだけ先進国に近づいたような気がする反面、
“嗚呼ぶらじるぅ~” な感じが薄れた気がしてちょっとサビシイ、
現今のグァルーリョス国際空港なのでした。

ウソ。
けっしてサビシクなどございませぬ。
(日本への)行きはルンルンなのでど~でもいいとして、、、、、
(日本から)戻ったときの、
"超長旅の疲れ+季節が真逆+現実が一気にのしかかる感+快適に過ごせない空港"
の、
どっぷりやるせない疲労感は、歳とともにつらくなるばかりでございますゆえ、、、、、
じゃんじゃか先進国化していただきとうございます。






SP
中南米最大のグァルーリョス国際空港
viagem・passeio 旅・散歩

>>> principal ホーム >>> introdução はじめに >>> categoria カテゴリー >>> viagem・passeio 旅・散歩 >>> assunto da viagem 旅のトピックス >>> 中南米最大のグァルーリョス国際空港

>>> novidades 更新情報

>>> artigos 記事一覧

Utility

perfil プロフィール

TAMAGO

Author:TAMAGO
1999年より
ブラジルで暮らしている
日本人でございます。

Olá !

Sou japonesa,
moro aquí no Brasil
desde 1999.
Tem artigos que escrevi em português.
Ir para a página "artigos"

atenção ご注意

© 2009-2018 TAMAGO
All rights reserved.
Todos os direitos reservados.

日本ブログ村 海外生活 ブラジル情報

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

ランキング参加中につき
クリックしていただければ有り難き幸せにござりまする

follow me on twitter

Twitter にて
当ブログの更新情報を配信しております

link

こちらをクリック

o número de visitantes ご来客数




administração 管理人室