FC2ブログ
          

Hermeto Pascoal 80歳記念ライブ!!!


6月22日は、

Hermeto Pascoal のバースデー。
(エルメート・パスコアウ)

今年 (2016年) で80歳になられた。



G1 Globo より
2016.06.22_01 Hermeto Pascoal 80歳記念ライブ!!!



世界中から絶賛される天才的かつ革新的作曲家、アレンジャー、
鍵盤楽器、管楽器、打楽器などなど、即興演奏のマルチプレイヤーとなるエルメートは、
ブラジル北東部 Alagoas(アラゴアス州)中央に位置する田舎町で生まれ育ち、
10歳に満たない幼少の頃からバンドネオンやフルート、パンデイロなどの演奏家として、
地元で活躍していた。

また、
のちに動物の鳴き声や自然音を取り入れた世界的名盤を制作するエルメート少年は、
子どもの頃から自然が生み出す音に夢中になっていたらしい。
アボーボラ(かぼちゃの一種)で横笛を作り小鳥に吹いて聴かせたり、
池の水で音を奏でたりして1日を過ごすような少年だった。




Hermeto Pascoal - Música da Lagoa(池の音楽)





1950年、パスコアウ一家は Pernambuco(ペルナンブッコ)州都 Recife(ヘスィーフィ)に転居。

ヘスィーフィでもプロ・ミュージシャンとして活躍の場を広げていったエルメートは、
1958年にはリオに、1961年にはサンパウロに移り、
テレビの音楽番組隆盛の中、1966年、

Trio Novo 改め、
Quartet Novo(クァルテット・ノーヴォ)に参加する。

1967年のたった1枚のアルバムしか残していないこの奇才集団は、
ブラジル北東部独特のリズムとジャズとを融合させ、洗練された新しいサウンドを生み出し、
アメリカやイギリスはじめヨーロッパ各国の音楽家たちに少なからぬ影響を与え、
当時はまだ世界的に知られていなかったブラジル北東部の土着音楽 baião(バイアォン)を、
世界に広めた。
ブラジル音楽史における、最重要インストゥルメンタル・グループと評されている。




Quarteto Novo - O Ovo (Geraldo Vandré - Hermeto Pascoal)





このカルテットで世界の注目を集めたエルメートは、1969年から約4年間アメリカで活動、
かのマイルス・デイヴィスのアルバムにも曲の提供や演奏で参加した。




Miles Davis - Igrejinha / Little Church (Hermeto Pascoal)





ブラジルに戻った1973年以降も数々の名盤を制作し、
世界各地のジャズフェスティバルで絶賛され、
ヨーロッパなど世界各地で大規模なツアーを行い、
様々なグループで、世界中の様々なミュージシャンと、様々な形のセッションを繰り広げている。
日本にもファンは多く、何度か来日している。

ブラジル北東部の frevo(フレヴォ)や baião(バイアォン)、またクラシック音楽などに、
ジャズの要素を織り交ぜたそのサウンドを、

“música universal” と彼は呼ぶ。
(ムーズィカ・ウニヴェルサウ=普遍的な音楽)




Hermeto Pascoal - Live at Montreal Jazz Festival





現在、
6人のお子さん、13人のお孫さん、10人のひ孫さんがいらっしゃるエルメート・パスコアウは、
ソロも含めた異なる5つのプロジェクトを率いて活動している。
バリッバリの現役。
見た目も、(昔っからこの感じなので ^^;)さほど老けたようにも見えない。

今年は、80歳を記念するコンサートがブラジル各地で開催されている。
来月は、ヨーロッパツアーにも行かれる。
お元気です。


さて、
Hermeto Pascoal(エルメート・パスコアウ)お誕生日の6月22日を目前に、
12年お住まいになっているここパラナ州都クリチーバでも、
80歳を記念するライブが、土日の2日間に渡って開催された。

両日とも、行ってまいりました。

エルメート・パスコアウのお誕生日を祝うライブは、
知る限り数年前から、
João Pedro Teixeira(ジョァォン・ペドロ・テイシェイラ)を中心に毎年開催されているが、
今年は80歳というおめでたい区切りの年でもあり、盛大だった。

João Pedro Teixeira(ジョァォン・ペドロ・テイシェイラ)は、
エルメートを師と仰ぐ、30代前半のアコーディオン奏者、作曲家、アレンジャー。
昨年 (2015年) リリースしたアルバムでは、
エルメートがプロデュース、音楽ディレクション、アレンジを手がけている。
パーカッションに至るまでアコーディオンのみを使用するという実験的な試みは、見事に成功!

今回のライブは両日とも、このアルバムの曲が多数演奏された。




João Pedro Teixeira - Teaser CD/DVD Universalizando o Acordeon





まずは土曜の夜、Teatro Paiol(火薬庫の劇場)にて。

Go to Teatro Paiol(火薬庫の劇場)



2016.06.22_02 Hermeto Pascoal 80歳記念ライブ!!!



2016.06.22_03 Hermeto Pascoal 80歳記念ライブ!!!



2016.06.22_04 Hermeto Pascoal 80歳記念ライブ!!!
客席に登場して拍手喝采を浴びるエルメート・パスコアウ



João Pedro Teixeira(ジョァォン・ペドロ・テイシェイラ)のソロに始まり、



2016.06.22_05 Hermeto Pascoal 80歳記念ライブ!!!




João Pedro Teixeira - Boiada (Hermeto Pascoal)





続いては、Acordeon Octeto(8台のアコーディオン)の演奏。

日本にもあって、しかも小学校から親しんできた身近な楽器で、
ブラジル音楽を聴きはじめてからその魅力と可能性と奥深さに気づいたものがいくつかある。
筆頭はパンデイロ(タンバリン)。
baião(バイアォン)に欠かせないトゥリアングロ(トライアングル)。
そして、このアコーディオンも。

叩いたりこすったりすればパーカッションにもなるし、
空気抜きの音も、お茶目な楽器になる。
いろんな色の蛇腹が、あっちで伸びこっちで縮みする様は、観ているだけでワクワクする。
まるで生き物みたいだ。



2016.06.22_06 Hermeto Pascoal 80歳記念ライブ!!!



エルメートは、
左手で演奏する、低音や和音などの出るボタン部分だけを使う曲も作曲・アレンジ。
8人が左手のボタンだけで演奏をするという試みは、目にも耳にも愉しかった。




昨年、エルメート・パスコアウ79歳のお祝いライブより
João Pedro Teixeira e Acordeon Octeto - Sacolejando (Hermeto Pascoal)





たくさんのシールドがあちこちでとぐろを巻いている円形ステージで、
アコーディオン・オクテットの後は、曲ごとに次々とゲストミュージシャンが入れ替わる。

やはりミュージシャンでお父上のアルバムプロデュースも手掛けている、
エルメートのご子息の Fábio Pascoal(ファビオ・パスコアウ)、
カヴァキーニョ奏者、作曲家の Julião Boêmio(ジュリアォン・ボエーミオ)、
パンデイロ奏者、作曲家の Vina Lacerda(ヴィナ・ラセルダ)、

Go to Pandeirada Brasileira

などなどなどなど、、、、、、
地元クリチーバも含めたブラジルのあちこちから駆けつけたミュージシャンたち。
1曲1曲それぞれが、エルメート・パスコアウへの敬愛に満ちた波となって、寄せては返す。



2016.06.22_07 Hermeto Pascoal 80歳記念ライブ!!!



エルメートの現在の奥方、43歳年下のシンガー、ピアニスト、マルチプレイヤー、
ここクリチーバ出身の Aline Morena (アリーニ・モレーナ)も参加。
エルメートは、アリーニとのユニットでも活動しており、CDもリリースしている。




Hermeto Pascoal e Aline Morena





そそそそそして、
ピアノ奏者でマエストロ、作曲家・編曲家の Wagner Tiso(ヴァグネル・チゾ)登場。



2016.06.22_08 Hermeto Pascoal 80歳記念ライブ!!!



彼はミナス・ジェライス州のご出身で、
かの Milton Nascimento(ミウトン・ナスィメント)や Lô Borges(ロー・ボルジェス)らと共に、
Clube da Esquina(クルビ・ダ・エスキーナ)の主要メンバー。

Go to Milton Nascimento ライヴ "Uma Travessia"

大きな会場では何度かその演奏を聴く機会があったが、
こんな、手が届きそうな、音がそのまま肌に届く、絶好のスペースで聴けたのがめちゃうれしい。



2016.06.22_09 Hermeto Pascoal 80歳記念ライブ!!!



2016.06.22_10 Hermeto Pascoal 80歳記念ライブ!!!



ヴァグネル・チゾからエルメートへの、バースデイプレゼント。
ピアノ・ソロの1曲目は、トン・ジョビンの名曲だった。




2011年、出身地ミナス・ジェライスの交響楽団と
Wagner Tios - Eu sei que vou te amar (Tom Jobim, Vinícius de Moraes)





ラストには、待ってました!エルメートご本人の自由自在なピアノ・ソロも聴け、、、



2016.06.22_11 Hermeto Pascoal 80歳記念ライブ!!!



2016.06.22_12 Hermeto Pascoal 80歳記念ライブ!!!



参加したミュージシャンたちも、聴き入る。



2016.06.22_13 Hermeto Pascoal 80歳記念ライブ!!!



そして、セッションがはじまった!


ブラボー!


の、
興奮冷めやらぬまま、
翌・日曜は、Teatro Guaíra(グァイーラ劇場)にて、マチネ。
夕べのこぢんまりしたスペースから一転、今度は大きなホールである。



2016.06.22_14 Hermeto Pascoal 80歳記念ライブ!!!



昨夜と同じく、João Pedro Teixeira(ジョァォン・ペドロ・テイシェイラ)のソロで幕開け。

続いて、アコーディオン・オクテット。
8台のアコーディオンが大ホールに鳴り響く。

そして、地元パラナのシンフォニー・オーケストラ登場。
アコーディオンと交響楽団のコラボはなんとも言えない郷愁を帯びて、すばらしいパフォーマンス!



2016.06.22_15 Hermeto Pascoal 80歳記念ライブ!!!



15分間の休憩を挟んで、第二部は、
マエストロ、Wagner Tiso(ヴァグネル・チゾ)のピアノ・ソロで幕開け。



そして、Wagner Tiso(ヴァグネル・チゾ)が交響楽団のタクトを振る。
2016.06.22_16 Hermeto Pascoal 80歳記念ライブ!!!



パンデイロやアコーディオンが加わった、
シンフォニー・オーケストラによる baião(バイアォン)!
かっこいい!!!

第二部の後半は、
いよいよ御大 Hermeto Pascoal(エルメート・パスコアウ)が客席からステージに上がる。

クラシックのコンサートではあり得ないが、
交響楽団の演奏を途中で止めてしまうエルメート。
ここをこうした方がいい、
あれはこうした方がずっと気持ちいい、
など、いろいろと指示を与える。
その時の魂の赴くまま。



2016.06.22_17 Hermeto Pascoal 80歳記念ライブ!!!



交響楽団の前にデーンと置かれたグランドピアノの前に座ったエルメートは、
しかし昨夜のようにピアノを演奏することはなく、
台の上に置かれたやかん、水の入ったコップ、角笛などなどを次々に演奏した。
これぞ、エルメートの真骨頂!

ラストのラストは、
会場のみんなでエルメートに 🎶 Parabéns pra você(Happy birthday to you)🎶を大合唱。



2016.06.22_18 Hermeto Pascoal 80歳記念ライブ!!!



エルメートがステージを去る前におっしゃったお言葉は、

“我々は身体ではなく、魂で生きているのだ”


そうだ。そうです。そうなのよ。

魂はいつでも自由なのだ。
そして時に、おしゃべりになる。

幼少の頃と変わらないピュアな魂を持つ偉大な音楽家は、
自身の魂が語るがままを音にし、
自然に宿る精霊たちのささやきを音にし、
我々の魂を、宇宙に向けて解放してくれたのだった。

飛んだ~!
澄んだ緑色の湖に。
行ったこともないヨーロッパ風の街に。
遠い昔通っていた学校の体育館に。
そして、青白い惑星が浮かぶ、宇宙に。。。






22 de julho de 2016
Hermeto Pascoal 80歳記念ライブ!!!
música 音楽

>>> principal ホーム >>> introdução はじめに >>> categoria カテゴリー >>> música 音楽 >>> música brasileira ブラジル音楽 >>> Hermeto Pascoal 80歳記念ライブ!!!

>>> novidades 更新情報

>>> artigos 記事一覧

Utility

perfil プロフィール

TAMAGO

Author:TAMAGO
1999年より
ブラジルで暮らしている
日本人でございます。

Olá !

Sou japonesa,
moro aquí no Brasil
desde 1999.
Tem artigos que escrevi em português.
Ir para a página "artigos"

atenção ご注意

© 2009-2018 TAMAGO
All rights reserved.
Todos os direitos reservados.

日本ブログ村 海外生活 ブラジル情報

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

ランキング参加中につき
クリックしていただければ有り難き幸せにござりまする

follow me on twitter

Twitter にて
当ブログの更新情報を配信しております

link

こちらをクリック

o número de visitantes ご来客数




administração 管理人室