スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rio 2016 Cerimônia de Abertura 歓喜あふれる開会式


“UM NOVO MUNDO”
(ウン・ノーヴォ・ムンド=A NEW WORLD)

をスローガンに掲げる、

Jogos Olímpicos 2016 Rio de Janeiro
2016リオデジャネイロ・オリンピック

がはじまって早10日ほど。。。


日本語では、英語読みのリオ・デ・ジャネイロだが、
現地ポルトガル語では、ヒオ・ヂ・ジャネイロ。
この大会の通称は、

”Rio 2016”
ヒオ・ドイスミウ・イ・デゼセイス!



2016.08.14_01 Rio 2016 Cerimônia de Abertura 歓喜あふれる開会式



ここ数年のブラジルは、
未曾有の大規模汚職事件、大統領弾劾、上院議長不正疑惑による更迭、、、、、
物価上昇、失業率上昇、強盗や殺人などの犯罪上昇、、、、、
で、度重なる大規模汚職事件や政権に反対する市民運動も盛んである。

ので、

“オリンピックどころではない”

その上、元々この国では、
老若男女、W杯には燃えまくるけれどもオリンピックにはあまり興味がない。

のでありますが、、、、、

やっぱり、始まってしまえば、ドキドキワクワクするのであります。


それにしても、ロンドンでの代理開催を本気で検討されてしまうほど準備は遅れ、
なにもかもギリッギリのスタート。
まぁ、2014W杯のときもそうだったし、ブラジルは何事もこうなので、驚きはしないけれども。。。

いざ競技が始まってからも、
笑えるお茶目なものから笑えない深刻なものまで、数々の失態をさらしながら、
とりあえず、日程はこなしつつある。(天候により延期された種目はある)


競技のスタートは、8月3日の女子サッカーだった。
翌4日には、男子サッカーも行われている。

が、
やはり、
Cerimônia de Abertura(開会式)を観ないことには始まった気がしない。
実は、個人的には、競技よりもそっちの方が楽しみだったりした。


2016年8月5日、夜8時。
ヒオ・ヂ・ジャネイロの象徴である、
Cristo Redentor(クリスト・ヘデントール=コルコバードのキリスト像)が見下ろす、
サッカーの殿堂、Estádio do Maracanã(マラカナ・スタジアム)にて。



veja.com より
2016.08.14_02 Rio 2016 Cerimônia de Abertura 歓喜あふれる開会式



8月21日の閉会式も、
ブラジル独立記念日・9月7日のパラリンピック開会式も、9月18日の閉会式も、
ここで行われる。


光陰矢の如し。ブラジル上陸から丸17年ちょいが過ぎ、もはや気持ちはジモッピー。
まるで、子供が出る学芸会を見守る親の気分になった。

ドキドキ・・・・・

電気が落ちないか、間があかないか、セットが壊れないか、、、、、

世界中が注目している大舞台で、”うちの子” がヘマをしないか、脈拍急上昇!


しかし、、、
フタを開けてみたら、、、


トラブルが起きなかったばかりか、
コンセプトもアイディアもパフォーマンスもお客様を歓待する空気感も、
すべてにおいてサイコーッ!
な、愛と歓びあふれる、すばらしい開会セレモニーだった!
晴れ晴れとした、誇らしい気持ちになったことである。



globo.com より
2016.08.14_03 Rio 2016 Cerimônia de Abertura 歓喜あふれる開会式



このすばらしい開会式を演出したディレクターは、

総合ディレクターに、
映像も事実に基づく内容もショッキングだった映画 “Cidade de Deus”(City of God)の、
Fernando Meirelles(フェルナンド・メイレーリス)

(8月8日、
 ブラジルに今大会初の金メダルをもたらした、柔道女子57キロ級のハファエラ・スィウヴァ選手は、
 この favela(スラム)“Cidade de Deus” 出身)

プラス、
舞台演出、照明に強く、衣装デザイナーでもある、Daniela Thomas(ダニエラ・トマス)、
広告にも強い、Andrucha Waddington(アンドゥルーシャ・ワヂントン)

の、映画監督・プロデューサーのお三方。

メイレーリス監督いわく、

“Não temos os números oficiais do preço das cerimônias nem de Londres nem de Pequim,
mas as pessoas do mercado que lidam com isso têm estimativas.
Não é um drama, porque não faz sentido usar um orçamento espalhafatoso
em um país que não tem saneamento em muitos lugares.
É sensato usar bom conceito, bom gosto."
(ロンドンや北京の開会式にかかった公式の費用を我々は知らないが、
 市場を専門とする人々の鑑定による試算は出ている。
 開会セレモニーはドラマではない。
 あちこちに不衛生な場所のある国の開会式に、派手な予算を使うことには、意味がない。
 よいコンセプトとよいセンスを働かせるのが賢明だ。)

そのため、高くつく “ハイテク” は使わない、とした。

その結果、
2012年ロンドン五輪開会式の実に10%ほど、最近のどの開会式よりも低予算で制作され、
コンセプトのしっかりした、工夫・アイディアに満ちたスペクタクルとなった。

もちろん、
彼らの構想を実現するには、
数多くの各分野のスペシャリストたち、
それに、たくさんのボランティアの皆さんの尽力が欠かせない。

内容は徹底して秘密にされ、準備に関するTVリポートでも、肝心なところは見せてくれなかった。
開会式後には、準備や練習の様子がTVでいろいろとリポートされているが、
ここに来るまでに、数え切れない人々それぞれのドラマがあったことがうかがえる。

そんな、たくさんの人々の努力の賜物であるオープニング・セレモニーは、、、、、



g1.globo より
2016.08.14_04 Rio 2016 Cerimônia de Abertura 歓喜あふれる開会式



マラカナ・スタジアムに出現した幻想的な地球。
“無” から微生物が誕生する。
やがて、
índio(インヂオ)たちが暮らす密林に覆われた大地・ブラジルにポルトガル人が到着し、、、
各国移民がやってきて、街が造られていく。



g1.globo より
2016.08.14_05 Rio 2016 Cerimônia de Abertura 歓喜あふれる開会式



気候変動に警鐘を鳴らすショートビデオでは、
ブラジルを代表する女優 フェルナンダ・モンチネーグロと、
イギリスを代表する女優 ジュディ・デンチによる、ポルトガル語と英語のナレーションが流れる。

"Promover a paz mundial é a base do espírito olímpico de hoje
e há uma necessidade urgente de promover também a paz com o planeta."
(世界平和を推進することは今日におけるオリンピック精神の基礎であり、
 地球の平和を推進することは緊急に必要とされている)

一貫して、世界平和と温暖化を食い止める緑化を訴えるメッセージが込められていた。


そしていよいよ、各国選手団の入場。
リオ五輪には、206の国や地域+難民の選手団、計207の選手団、およそ12000人の選手たちが参加する。

ここでも、緑化を推進する、選手たちをも巻き込んだアクションが。

国名のプラカードは、廃品で作られた、オモチャみたいな三輪自転車で登場した。
荷台部分には、植物やジョウロ、ミネラルウォーター 20Lボトルなどが飾られ、
手作り感満載!
カラフル!
楽しい!



g1.globo より
2016.08.14_06 Rio 2016 Cerimônia de Abertura 歓喜あふれる開会式



選手たちはそれぞれ、植物の種を持って入場する。
それぞれの選手団の騎手の横には、純白の衣装に身を包み、苗木を持った子どもの笑顔。
選手団の後ろには、どんなにちっさな選手団にも陽気な打楽器隊がついてきて、サンバってる。
ボランティアの人々の衣装に描かれたカラフルな矢印に導かれ、選手団は移動する。



g1.globo より
2016.08.14_07 Rio 2016 Cerimônia de Abertura 歓喜あふれる開会式



そこには、ただただ “大きな歓喜!” があるのみ!
こんなに楽しい選手入場を、見たことない。


選手たちが持って入場した、将来植物となる希望の種が集められたアルミ色の柱が、
やがて、鮮やかな緑の葉が生い茂る、五輪の森となる!



folha de colíder より
2016.08.14_08 Rio 2016 Cerimônia de Abertura 歓喜あふれる開会式



この種や苗は、ただ単に緑化運動のパフォーマンスに終わるのではない。
リオ北部コンプレクソ・ド・デオドーロ地区の公園に植えられ、
将来的には "Floresta Olímpica”(オリンピックの森)になる予定。
長年に渡りリオの自然環境回復に尽力してきた生物学者のマリオ・モスカテーリ氏は、こうおっしゃる。

“選手たちの使命は、自然保護ではありません。
彼らは競技者として闘うためにここに来たのです。
12000本のうち、少なくとも10%が生き残ってくれたらいいと考えています。
植えるのは簡単だけれど、手入れは難しい。
この1年でどれだけ生き残るか、見てみましょう。”

リオ五輪に出場する選手たち一人一人の種が、やがて大木に育ち、美しい森になってほしい。


選手入場のシーンでもう一つ、話題になったことは、
ラストに熱狂的な大歓声に包まれて登場したブラジル選手団を率いていた、
国名プラカードの三輪自転車の女性。



vogue.globo.com より
2016.08.14_09 Rio 2016 Cerimônia de Abertura 歓喜あふれる開会式



彼女は、世界で活躍するブラジル人トランスジェンダー・モデル Lea T。
有名な元・サッカー選手を父に持つ、身体は男性として生まれた “女性” である。

Go to Lea T


さて、開会式はその後、
Dilma Rousseff(ヂウマ・ホウセッフィ)大統領の弾劾により現在の国家元首となっている、
Michel Temer(ミシェウ・テーメル)大統領代行が開会宣言をするのだが、、、、、

テーメル大統領代行は、セレモニーの間、終始、この会場のムードに最もそぐわない、硬い表情だった。

テーメル大統領代行がマイクの前に立つや、
会場中からブーイングの嵐。



g1.globo より
2016.08.14_10 Rio 2016 Cerimônia de Abertura 歓喜あふれる開会式



テーメル大統領代行は、堂々とした宣言はできず、ちょろちょろっと宣言の言葉を言うのがやっと。
10秒ぐらいでそそくさとマイクを離れた。

日本の新聞サイトに、
“代行が開会宣言することへの抗議” と書かれているのを見たが、
決してそうではない。

弾劾されたヂウマ大統領は、開会式への出席を辞退しているが、
もしもヂウマが会場に姿を見せたら、それこそ進行に支障をきたすような抗議を受けただろう。
そしてもしも、代行のテーメル大統領が人々から信頼されている人物であれば、拍手喝采を浴びたことだろう。
弾劾されたヂウマも代行のテーメルも、数々の不正疑惑の証拠が挙がっており、
テーメル大統領代行への退陣要求デモ活動も、活発化している矢先。
観衆たちは、世界に向けて、テーメル退陣要求のアピールをしたってことね。

開会宣言しないわけにはいかないし、それはやっぱり(たとえ代行でも)国家元首がするもんだろうし、
これだけ、なんていうか、後味が悪かった。


そしてクライマックス、
モヤモヤの開会宣言のお口直しとも言える聖火点灯は、感動的だった。


ギリシャからブラジリアに飛んできて、
5月アタマから約3ヶ月かけて、ブラジルの329の町を走り抜けてリオに来た、聖火。

聖火リレーが7月に我が街に来た時、沿道に声援を送りに行き、私も聖火を観ました!

聖火台に向かう最後の聖火ランナーは、
2004年のアテネ五輪で、
沿道から飛び出してきたアイルランド出身の男性によってコースから押し出され、
ペースを乱されてもコースに戻って最後まで走り続け銅メダルを獲得した、
Vanderlei Cordeiro de Lima(ヴァンデルレイ・コルデイロ・ヂ・リマ)元・マラソン選手。



wikipedia より
2016.08.14_11 Rio 2016 Cerimônia de Abertura 歓喜あふれる開会式



聖火が、開会式会場に燃え上がると、厳かな気分になる。


近代オリンピックにおいては、
莫大な費用や招致合戦における裏の “取り引き” 、スポンサーの意向重視や報道のあり方、政治の絡みなど、
いろいろと問題とされている点も多い。
確かに、
莫大なお金が動くので、
政府や放送権を握った局やお金を出してくれる企業の意向が支配してしまう傾向は、否めない。
そこには、オリンピック精神とはかけ離れた要素もあろう。

でも、
今回のリオ五輪開会式を観ていたら、単純にすごく感動して泣けてきた。

でっかい地球の200以上の国から、
想像のつかない鍛錬を積んできたアスリートたちが、
地球のポツンのワンポイント、たった一つのスタジアム、に集結し、
これから始まる競技への強い想いや、ここまで来る切符を勝ち取った感慨に浸る。
言葉も文化も宗教も服装も違う人々が、同じ気持ちで同じルールで競い合う。

そんな一人一人が抱えるはち切れそうな気持ちを丸ごと包んで歓待した、
ブラジルスピリットあふれる開会式は、
やっぱりサイコーだったよ。



g1.globo より
2016.08.14_12 Rio 2016 Cerimônia de Abertura 歓喜あふれる開会式



重大な問題は山積みだししょーもないことも多いけど、
それでも愉快に生きているブラジルの人の、
人懐っこさ。
愛のでかさ。


選手や五輪に関わる全ての皆さん、
設備や運営に不備が多くて、治安が悪くて、物価が高くて、誠にごめんね。
でも、
それぞれの選手の皆さんが、自分の力を出し切って、”楽しかったな、リオ”
観客の皆さんも、”行ってよかったな、リオ”
と思っておうちに戻ってほしい。


braços abertos(両腕を広げて)
メダルを目指して闘う選手たちを、声援を送りに来た人たちを、この大会を、
歓迎している。
政治以外は、ホントにいい国だ、と思った、感動の開会式であった。



globo.com より
2016.08.14_13 Rio 2016 Cerimônia de Abertura 歓喜あふれる開会式






14 de agosto de 2016
Rio 2016 Cerimônia de Abertura 歓喜あふれる開会式
notícias de esporte スポーツニュース

>>> principal ホーム >>> introdução はじめに >>> categoria カテゴリー >>> notícias de esporte スポーツニュース >>> olimpíadas rio 2016 >>> Rio 2016 Cerimônia de Abertura 歓喜あふれる開会式

>>> novidades 更新情報

>>> artigos 記事一覧

Utility

perfil プロフィール

TAMAGO

Author:TAMAGO
1999年より
ブラジルで暮らしている
日本人でございます。

Olá !

Sou japonesa,
moro aquí no Brasil
desde 1999.
Tem artigos que escrevi em português.
Ir para a página "artigos"

atenção ご注意

© 2009-2017 TAMAGO
All rights reserved.
Todos os direitos reservados.

日本ブログ村 海外生活 ブラジル情報

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

ランキング参加中につき
クリックしていただければ有り難き幸せにござりまする

follow me on twitter

Twitter にて
当ブログの更新情報を配信しております

link

こちらをクリック

o número de visitantes ご来客数




administração 管理人室

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。