スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Semana Santa(聖週間)と Sexta-feira Santa(聖金曜日)


カトリック大国ブラジルの祝日は、大半がキリスト教がらみの記念日である。

3月から4月にかけての移動祝日である Páscoa(パスコア=イースター、復活祭)は、
十字架にかけられて亡くなった Jesus(ジェズース=イエス)が3日目に復活したことを記念する祭典。
その前の週の土曜日からパスコアまでの1週間を、
Semana Santa(セマーナ・サンタ=聖週間、受難週間など)と言う。

暦上の祝日は、
Sexta-feira Santa(聖金曜日)
と、
Páscoa(イースター、復活祭)
で、
金~日の3連休となるが、
セマーナ・サンタ(聖週間)の1週間丸々休みになる学校などもある。


イースター前の金曜日は、

Sexta-feira Santa(セスタフェイラ・サンタ)
Sexta-feira da Paixão(セスタフェイラ・ダ・パイシャォン)
Paixão do Senhor(パイシャォン・ド・セニョール)

などと言い、
通称 Paixão(パイシャォン=受難)

イエス・キリスト磔刑の受難と死を記念する日。
日本語だと
聖金曜日、聖大金曜日、受難日、受苦日、などと言う。


既述の通り、
聖金曜日やイースターは、日にちが決まっているのではなく、毎年動く移動祝日。

Páscoa(パスコア=イースター)は、
秋分の(北半球では春分の)あとの最初の満月のあとの最初の日曜日で、
3月22日~4月25日の間になる。そうな。
Paixão(パイシャォン=受難日、聖金曜日)は、その2日前の金曜日。
Carnaval(カルナヴァウ=カーニバル、謝肉祭)は、
Páscoa(パスコア=イースター)の47日前で、必ず火曜日になる。

ややこしい。
けど、どなたかがちゃんと計算してくださり、毎年カレンダーを見れば日にちはわかる。

聖金曜日から復活祭まで金~日の3連休に加えて、
固定祝日である4月21日の Tiradentes(チラデンチス=ブラジル史上の偉人)の日があるので、

Go to Tiradentes(チラデンチス)

年によっては4連休となったり、
2週連続の週末3連休となったりすることもある。



2017.04.12_01 Semana Santa(聖週間)と Sexta-feira Santa(聖金曜日)
2014年はチラデンチスの日とくっついて、4連休になった。



2014年:Carnaval(カーニバル)3月4日
     Paixão(聖金曜日)4月18日
     Páscoa(復活祭)4月20日
     オマケ Tiradentes(チラデンチス)4月21日(固定祝日)

2015年:Carnaval(カーニバル)2月17日
     Paixão(聖金曜日)4月3日
     Páscoa(復活祭)4月5日

2016年:Carnaval(カーニバル)2月9日
     Paixão(聖金曜日)3月25日
     Páscoa(復活祭)3月27日

2017年:Carnaval(カーニバル)2月28日
     Paixão(聖金曜日)4月14日
     Páscoa(復活祭)4月16日
     オマケ Tiradentes(チラデンチス)4月21日(固定祝日)
     オマケのオマケ Dia do Trabalho(メーデー)5月1日(固定祝日)
2017年は、3週連続で週末3連休となり、世間はそわそわ。


パイシャォン(聖金曜日)のブラジルでは、
全国各町の広場などに野外ステージが設置され、大掛かりな受難劇が繰り広げられる。
集まった大観衆が涙を流しながら興奮気味に見入っている様子や、
ジェズース(イエス)が受けた苦しみを感じるため、
重い十字架を背負って遠方の教会まで何日もかけて歩くカトリック教徒たちの様子など、
毎年毎年、テレビニュースなどでそんな各地のリポートが映し出される。

また、キリスト受難を描いた映画が各局で放送されたりする。

受難を描いた映画はたくさんあるが、
メル・ギブソンがメガホンを取った2004年の "The Passion of the Christ"(パッション)は、
いろいろな意味で印象に残っている、
この映画、カトリック大国ブラジルでは大きな話題になった。
周りのブラジル人たちも "本気で" 観に行ったお方が多い。
私も、映画館で、と、その後テレビで放送されたのも合わせて、複数回観た。
台詞が全編アラム語とヘブライ語。
制作側の意向で、どの国の言語も吹き替え版は制作しない、ということで、
アラム語とヘブライ語にポルトガル語の字幕、という厳しい状態だったため、
スクリーンに映し出される場面の凄惨さばかりに気を取られてしまったことである。


聖金曜日はジェズース(イエス)が処刑されて亡くなった日であるため、
なんとな~く重苦しい感じがつきまとうが、
日曜のパスコア(復活祭)は、
家族・親戚や仲間でパーティーをしたり、町に音楽が響き渡ったりして、一変してお祝い気分となる。

そっちのほうが、好きだな。
チョコレートもたくさん食べられるし・・・・・(^_^)

パスコアの美味しいものにつきましては、

Go to Ovo de Páscoa(イースターのたまご)
Go to バカリョアーダを上手に作れないワケ
2016年のオマケ Go to Ovo de Páscoa 2016 ボイコット・キャンペーンと "Moroango"






março~abril (3月~4月頃)
Semana Santa(聖週間)と Sexta-feira Santa(聖金曜日)
costumes・feriados・eventos 習慣・祝日・行事

>>> principal ホーム >>> introdução はじめに >>> categoria カテゴリー >>> costumes・feriados・eventos 習慣・祝日・行事 >>> feriados 祝日 >>> Semana Santa(聖週間)と Sexta-feira Santa(聖金曜日)

>>> novidades 更新情報

>>> artigos 記事一覧

Utility

perfil プロフィール

TAMAGO

Author:TAMAGO
1999年より
ブラジルで暮らしている
日本人でございます。

Olá !

Sou japonesa,
moro aquí no Brasil
desde 1999.
Tem artigos que escrevi em português.
Ir para a página "artigos"

atenção ご注意

© 2009-2017 TAMAGO
All rights reserved.
Todos os direitos reservados.

日本ブログ村 海外生活 ブラジル情報

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

ランキング参加中につき
クリックしていただければ有り難き幸せにござりまする

follow me on twitter

Twitter にて
当ブログの更新情報を配信しております

link

こちらをクリック

o número de visitantes ご来客数




administração 管理人室

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。