FC2ブログ
          

寒波がブラジルを襲っている


きょうここの最高気温は12℃まで上がったが、
このところの寒さときたら、
猫でなくともこたつで丸くなって寝ていたいほど。ここにこたつはないけれど。

4日前、

> パラナ州都クリチーバ大都市圏でも、
> 今晩から明日の午前中にかけて雪が降るかもしれぬ、との予報が出ている。

と書いたが、、、

Go to ブラジル南部、厳冬の嵐と雪

翌23日の朝8時から8時半の間、場所によって5分から20分間ぐらい、

雪が降った。



RPC TV(エヒペーセー・テーヴェー)サイトより
寒波がブラジルを襲っている 01
Bairro Pinheirinho(クリチーバのピニェイリーニョ地区)



クリチーバで雪が観測されたのは、
1975年7月17日以来38年ぶりのこと。
38年前のときは、数センチ積もったらしい。
今でも観光土産屋さんで売っている絵はがきの写真になっているぐらい、立派な雪景色である。
それと比べると今回の雪は、降った、けれども、積もる、ほどではなく、舞った、という感じか。
写真を撮る間もなく、止んでしまった。

当日のラジオニュースでは、
幼稚園の園児たちが初めて見る雪に大盛り上がりする様子がリポートされていた。

雪が降るぐらいだ、気温も低かった。
最低気温マイナス1℃、最高気温は、夕方太陽が出て一瞬 6℃ぐらいまで上がったらしいが、
ほとんど一日中、1℃~2℃までしか上がらなかった。



RPC TV(エヒペーセー・テーヴェー)サイトより
寒波がブラジルを襲っている 02
23日午前9時30分 Santa Felicidade(クリチーバのサンタ・フェリスィダーヂ地区)



雪の舞った翌日、23日はよく晴れて、22日よりももっと気温が下がった。
クリチーバで最低気温マイナス3℃。

こんなに寒いのは新記録か、
と、思いきや、2000年以来の低温記録だと言う。
そう言えば、
なんて冷たい空気、と思いながら、帽子+手袋+コートの完全装備で出かけたことがあったが、
それが 2000年だったのだろう。

明日あたりから少しずつぬるくなっていくようだが、
それでもしばらくは最低気温5〜6℃ぐらいの日々が続くようである。

寒さに対する備えのある日本と違って、なにがつらいって、建物やバスの中も冷たいこと。
クーラーが設置されている建物はあるが、ヒーターはない。
バスは、冷暖房、ゼロ。
たとえばレストランに入ってもコートは脱げないし、温かい食事もすぐに冷めてしまう。
バスに乗ったら、窓から冷たい風が吹き込み、じっとしているので心底冷える。
先日、歯医者さんでも寒くて寒くてコート着用のまま診察を受けた。
先生もコートとマフラーの上から白衣を着ていらしたし。。。
家も、外気が30℃ぐらいでもクーラー無しで耐えられるひんやりレンガ構造なので、
氷点下にまで下がってしまった日には、そりゃーもうしんしんと冷える。
小型電気ストーブを、移動する場所場所へ持って歩いている。

しかし、
雪景色はそれでもやっぱり美しい。
クリチーバでは積もらなかったが、
同じパラナ州南部内陸の Guarapuava (グァラプアーヴァ)では、
こんなロマンティックな夜景が見られたそうな。



RPC TV(エヒペーセー・テーヴェー)サイトより
寒波がブラジルを襲っている 03



ブラジルでもここ南部はまぁ、この時期は毎年それなりに冷えるし、
雪も、お隣のサンタ・カタリーナ州にはほとんど毎年雪が降る地方もあるので、
さほど驚きもしないが、
冬でも最高気温が40℃近かったりする中北部でも、南部ほどではないがかなり冷えている。

アマゾナス州のお隣 Rondônia(ホンドーニア)州都 Porto Velho(ポルト・ヴェーリョ)では、
本日の、最高気温は31℃なれど、最低気温が14℃。
20℃よりも低くなることなど滅多にない所なので、皆さん「寒い寒い」と大騒ぎしている。

ただ今、
Jornada Mundial da Juventude が開催されている Rio de Janeiro でも、
(ジョルナーダ・ムンヂアウ・ダ・ジュヴェントゥーヂ=ワールドユースデー)
「みんな、家中のタンスから洋服を探しまくっている」
と表現されるほど、寒いらしい。
きょうから週末にかけて、最低気温が10℃前後。
リオにご滞在中の Papa Francisco(パパ・フランスィスコ=フランシスコ・ローマ法王)も、
尋常でない寒さに驚いておられるご様子である。
Papa Francisco にお目にかかりたくて、全国・全世界から集まった大勢の人々も、
どこで調達したのか毛糸の帽子やマフラーやコートを着込んで、
しかし、
寒さなんぞなんのその!といった様子で、目に涙を浮かべて歓喜、感激している。






26 de julho de 2013
寒波がブラジルを襲っている
sociedade brasileira・notícias ブラジル社会・ニュース

>>> principal ホーム >>> introdução はじめに >>> categoria カテゴリー >>> sociedade brasileira・notícias ブラジル社会・ニュース >>> sociedade brasileira・notícias ブラジル社会・ニュース >>> 寒波がブラジルを襲っている

>>> novidades 更新情報

>>> artigos 記事一覧

Utility

perfil プロフィール

TAMAGO

Author:TAMAGO
1999年より
ブラジルで暮らしている
日本人でございます。

Olá !

Sou japonesa,
moro aquí no Brasil
desde 1999.
Tem artigos que escrevi em português.
Ir para a página "artigos"

atenção ご注意

© 2009-2019 TAMAGO
All rights reserved.
Todos os direitos reservados.

日本ブログ村 海外生活 ブラジル情報

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

ランキング参加中につき
クリックしていただければ有り難き幸せにござりまする

follow me on twitter

Twitter にて
当ブログの更新情報を配信しております

link

こちらをクリック

o número de visitantes ご来客数




administração 管理人室