スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lenine と Jackson do Pandeiro の蜜月


わたくしが心底のめり込んでいるブラジル人ミュージシャン

Lenine(レニーニ)


「ネットで検索をかけると社会主義革命家のレーニンが引っかかるんだけど・・・」

と、友人に言われたことがある。
それもそのはず。
Lenine とは、レーニンのポルトガル語表記であり、
レーニンのことを、レニーニと発音するのである。

「Amo Lenine !(レニーニを愛してる!)」

などと、ついつい乙女心を告白いたしますと、ときどき誤解され、怪訝な顔をされてしまう。
「レーニン(主義)を愛してるのかい?」
と。。。。。。

お父上がブラジル共産党員の共産主義活動家でいらして、
ロシアの革命家・レーニンを敬愛していらっしゃるがゆえ、
ご自分の息子さんのミドルネームに Lenine とつけた、という。
ちなみに、
レニーニのご本名のファーストネームは Osvaldo(オズヴァウド)である。
音楽家として活動するにあたり、
ファーストネームのオズヴァウドでなく、ミドルネームのレニーニと名乗るあたり、
いかにもレニーニらしい気がしてニコニコしてしまう。

レニーニに惚れ込んでおるわたくしといたしましては、このお父上に大感謝なのである。

なぜなら、
インタビュー記事などを拝見いたしますと、
レニーニがご幼少の頃、
週末ごとにお父上と一緒にその当時のブラジル音楽やクラシック音楽など、
いろいろな音楽を聴き倒して成長したことがうかがい知れるから。
お父上の音楽のご趣味があったればこそ、
このすばらしいミュージシャンが誕生したのではないか、と推測できる。

ありがたや~。


で、
当時お父上とよく聴き、影響を受けたブラジル音楽家には、
Luiz Gonzaga(ルイース・ゴンザーガ)、
Cartola(カルトーラ)、
Dominguinhos(ドミンギーニョス)、
そして、
Jackson do Pandeiro(ジャクソン・ド・パンデイロ)
といった、
baião(バイアォン)、 forró(フォホー)、samba(サンバ)などの、
奇才たちが挙げられている。


さて、
ここからやっと記事タイトルの趣旨に入るのだが、
レニーニの代表曲の一つである "Jack Soul Brasileiro" なんですけどさ、

日本語的には、ジャック・ソウル・ブラジレイロだが、
ポル語発音だと、ジャッキ・ソウ・ブラズィレイロ、となる。
Acústico MTV ライヴ DVD の中でチラッとこの曲の譜面が登場するのだが、
タイトルが "Já que sou"(ジャ・キ・ソウ)と書かれているのを発見して、
なんで?なんでぇ~?と、気になって調べた。

すると、
já que ◯◯◯は、
『◯◯◯であるが故に・・・・・』とか『せっかく◯◯◯なんだから・・・・・』
と言った意味で、
Já que sou brasileiro(ジャ・キ・ソウ・ブラズィレイロ)
は、
私はブラジル人であるが故に・・・
とか、
私はせっかくブラジル人として生まれたのだから・・・
ということになる。
この曲全体が主張している、ブラジル人であるが故のテーマ、に結びつく。

さらに、だ、
この曲中に挿入されている
"Cantiga do Sapo"(カンチーガ・ド・サポ)や
"Chiclete com Banana"(シクレッチ・コン・バナーナ)を、
1950年代末にヒットさせ、レニーニに少なからぬ影響を与えた、
“Rei do Ritmo”(ヘイ・ド・ヒッチモ=リズム王)、こと、
Jackson do Pandeiro(ジャクソン・ド・パンデイロ)とも語呂が合う。

この曲のタイトル "Jack Soul Brasileiro" は、

Já que sou brasileiro
       ×
Jackson do Pandeiro

だったんだ。(!!!!!!!!!!)

と、すべてがするりと繋がってストンと腑に落ちたとたん、
嬉しくて嬉しくて、一人でニ~ンマリしてしまった。
ブラジルのレニーニファンの皆さまにとりましては、
「んなことこの曲が出たときからわかってらぁ、、、」
なことなのだろうが、
いいじゃないのさ、辿り着くのに時間がかかったって。るん。

"Jack Soul Brasileiro" はライブで必ず演奏される必須曲なので、
いろ~んなアレンジ、いろ~んな名ライヴがあるのだが、
当記事では、
譜面の曲名が "Já que sou" になっていることを発見した(私にとって)記念すべき、
"Acústico MTV" ライヴ DVDのオーケストラアレンジヴァージョンを。



Lenine - Jack Soul Brasileiro





この "Jack Soul Brasileiro" に挿入されている、
Jackson do Pandeiro(ジャクソン・ド・パンデイロ)1959年のヒット曲もぜひに。
50年代って、ブラジル音楽的にはものすごくリッチな時代だったんだなぁ。。。
ちなみに、この YouTube 映像はジャクソン晩年の '80年代初頭のライヴである。



Jackson do Pandeiro - Cantiga do Sapo~Lampião





さて、
24日深夜、
Rede GLOBO TV で年に4回ぐらいの音楽特番 "Som Brasil"(ソン・ブラズィウ)の放送がある。
現役の方から故人まで、
ブラジルの音楽シーンで活躍した(している)ミュージシャンを特集する番組。

取り上げられるのは、
上述の、故 Jackson do Pandeiro(ジャクソン・ド・パンデイロ)なのである。
Lenine (レニーニ)ももちろん出演なさる。

そういうわけで、ホクホクバクバク中。

Go to sombrasil.globo.com






23 de junho de 2011
Lenine と Jackson do Pandeiro の蜜月
música 音楽

>>> principal ホーム >>> introdução はじめに >>> categoria カテゴリー >>> música 音楽 >>> música brasileira ブラジル音楽 >>> Lenine と Jackson do Pandeiro の蜜月

>>> novidades 更新情報

>>> artigos 記事一覧

Utility

perfil プロフィール

TAMAGO

Author:TAMAGO
1999年より
ブラジルで暮らしている
日本人でございます。

Olá !

Sou japonesa,
moro aquí no Brasil
desde 1999.
Tem artigos que escrevi em português.
Ir para a página "artigos"

atenção ご注意

© 2009-2017 TAMAGO
All rights reserved.
Todos os direitos reservados.

日本ブログ村 海外生活 ブラジル情報

にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ
にほんブログ村

ランキング参加中につき
クリックしていただければ有り難き幸せにござりまする

follow me on twitter

Twitter にて
当ブログの更新情報を配信しております

link

こちらをクリック

o número de visitantes ご来客数




administração 管理人室

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。